« 2007年3月 | トップページ

2007年4月 5日 (木)

たった一人で

Photo_24 

誰もが耐えてゆくこと

突然すべてを失ったコトに比べれば
今度のことを耐えるのは容易い事なのに 


こうして自分の中だけで抱えきれずに
今夜もモニターの向こうの誰かに甘えて
想いをこうして発信し続けている



そう

優しい誰かが 慰めてくれるから




そう

もしかしたら

貴方に想いが届くかもしれないから




PCは 魔法の箱じゃないコトも
わたしは知っているけれど


この向こうがわに
繋がる誰かが 確かにいるコトも



わたしはちゃんと 知っているから




| | コメント (116) | トラックバック (2)

2007年4月 4日 (水)

誰も見るヒトがいなくても

070106_190328_ed
時間が来る度に

コンサートを繰り返す

夜の闇の中でも

誰一人として 立ち止まる人がいなくても

ただひらすらに メロディーを奏でる



貴方がココを去って行き

ひとり残される わたしの想い


誰も耳を 傾けるヒトがいなくても

わたしはココロの中で

たった一つのフレーズを リフレインし続ける





愛しています

あいしています

アイシテイマス





貴方だけを 愛しています

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

カオリ ノ キオク

070314_165825_ed

カオリは貴方の記憶に 似ている

そこに貴方の姿はなくても

カオリが貴方を思い起こさせ

そのしあわせなキオクを 呼び覚ます


きっとこの別れの春が 巡りくるごとに

沈丁花の花が 咲くたびに

甘やかなカオリのキオクと

むねの中に 鈍い痛みを ともなって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

貴方の声

070314_174019_ed

貴方の声を聞いたら 

貴方がどれだけ心配しているかが判るから

折り返さずにはいられない

あなたが追いかけてくるまで

わたしが我慢できない

貴方の心配がココロに突き刺さるから



最初から心配させなければいいのに




それが出来ない

弱くて 情けなくて

卑怯ななわたしがここにいる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

もう 一度…

070313_150524_ed

いま

終わりが目の前にあっても

諦めきれずに

何度も何度も繰り返すこの想い

もう一度

もう一度

大人になったわたしを

止めてくれる人も 抱きかかえてくれる人もいなくて

繰り返すしかないわたしは

とても大人にはなりきれていなくて

子供よりも始末が悪い



止められるのは 貴方だけだと

甘えたいだけなコトも 知っているのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ