« あなたとの 距離 | トップページ | 受胎告知 »

2007年3月19日 (月)

遺された 日々

どれだけ参っていようと 毎日は過ぎてゆきます

哀しみにくれて 涙が止まらないこともあります

まだまだ取り散らかしていて
ふとした弾みで 自分で地雷を踏んでしまうコトも

そんなときには そっと席を立つコトにしています

それでも

仕事場でみんなと笑い会うコトも
沈丁花の香りに 春を感じるコトも
誰かと一緒に美味しいものを食べるコトも
欲しい本が 思わず手に入ったコトも

お日様がまぶしくてあたたかかったコトも
月があまりに 綺麗だったコトも

流れる雲が 
すべてを一緒に持っていってくれるような気がしたコトも

あと少しの時間であっても
あの人の笑顔を 少しはなれたところから見つめるコトが
許される場所にいられるコトも

わたしにとって
シアワセな事は 

きょうも あしたも あさっても

必ずあると思います

いつか わたしの隣で笑っていてくれる人の笑顔が
しあわせで満ちているような
そんなkuimahachiに なれるように

いまあるしあわせを 
いまある笑顔を
大切にしていきます

070313_150354_ed

|

« あなたとの 距離 | トップページ | 受胎告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177979/5744689

この記事へのトラックバック一覧です: 遺された 日々:

« あなたとの 距離 | トップページ | 受胎告知 »