« 低空飛行 蒼いソラへ | トップページ | 封蝋 ふうろう »

2006年12月10日 (日)

雨が降っている

泣きたい僕のかわりに 雨が降っている
雨よ 夜明けまで降り続いておくれ

うつろな心の中を 雨音が唄う
雨よ 慰め歌を聞かせておくれ

目が覚めたときに 悲しみにさよなら

そして何処からか 恋を 運んでおくれ

今日は霧雨が降り続いている
傘を差さずとも歩けるくらいに

小学校の校庭では元気な数人の男の子が走り回る
からだじゅうから発散されるゲンキが
水蒸気となって立ちのぼる錯覚を覚えるほどに

わたしのココロの中にも霧雨が降り続いている
あなたから受け取ったコトバが
雨雲となってわたしのココロを濡らす

一瞬の晴れまもなく

いっそ土砂降りになってしまえば
すべてを洗い流してもらえるのに
悲しみも 苦しみも 涙とともに

あなたの優しさがそれをさせない
あなたの優しさは 限りなく残酷にわたしを苦しめる

それでもわたしはその優しさにすがりつく
わたしはあなたを愛しているから
あなたへの思いを断ち切るコトができないから

だからわたしは泣く事すらできない
涙は勝手にあふれ出してくるけれど
わたしのココロは泣いてはいない

だから

きょうの雨はわたしの代わりに
空が泣いてくれているのだと思うことにした

泣きたい僕のかわりに 雨が降っている

ずっとずっと昔に深夜放送で流れていた曲
たぶんオリジナルだったと思う 誰が歌ったのかもわからない曲

もうだれも覚えていないかもしれないこの曲を 
わたしが忘れずにいたのは
今日のわたしのココロを
ほんのわずかでも 慰めるためだったのかもしれない

そんな気がする 静かな雨の日
Ao

|

« 低空飛行 蒼いソラへ | トップページ | 封蝋 ふうろう »

コメント

こんばんは。
はじめまして。

私もこの歌詞が忘れられず、
誰の曲なのか、ずっと探しています。

その後、わかりましたか?

投稿: しみずりょうこ | 2013年9月 4日 (水) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177979/4488003

この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降っている:

« 低空飛行 蒼いソラへ | トップページ | 封蝋 ふうろう »