« 宿り木 ヤドリギ | トップページ | PCの向こうのあなたへ »

2006年12月20日 (水)

た・だ・い・ま

わたしはいつものポケットから鍵を出し
キーホルダーをチャラチャラと鳴らしながら
自宅のドアを開ける

狭くて暗い玄関の明かりをつけながら
「ただいま」と誰もいない部屋に向かって言いながら靴を脱ぐ
返事はない
「おかえりなさい」というヒトはいない

ヘンな習慣だといわれたこともある
それでもわたしは「ただいま」をいうコトを止めない
わたしは「ただいま」をいうコトが好きだから


ずっと以前 貴方とこの部屋に帰ったときにも
わたしはダレもいない部屋に向かって「ただいま」を言った
貴方はふしぎそうになぜ?とわたしに尋ねた

だれも居ないんでしょう?
返事がもしきたら怖くない?

わたしは笑うだけで答えなかった
わたしは誰が待っていてくれなくても
「ただいま」といって部屋に帰る事が好きだから

貴方が部屋に居てくれる事を知っていて
それでも不安で
明かりが灯っているのを確認しながら階段を上がり
自分の部屋なのに 少しためらいながら鍵を開ける

「ただいま」
「おかえりなさい」

そんなしあわせな「ただいま」が言えたときもある
たとえ今「おかえりなさい」が返ってこなくても
わたしは かならず「ただいま」をいう


「ただいま」
元気よく言えるときも ある
疲れきって かすれた声のときもある

わざと大きな声を出すときも
ヒトが聞いたら泣き声に聞こえるかもしれないときも
きっとあったはず

でも
わたしは「ただいま」を必ずいう

いつもわたしが この部屋に置き去りにしている大切なココロに
わたし自身を 
わたしの中に迎えるための大切なコトバ

此処にはいないけれども
わたしを想ってくれているあなたに
今 帰ってきたよ と伝えるために

「ただいま」

今夜もわたしは声に出す

「おかえりなさい」

誰かのコエがわたしを迎える

それはわたし自身の ココロのコエ
それはわたしの想う 貴方のコエ
それはわたしを想ってくれている あなたのコエ

ヒトリだけれど 淋しいけれど 

大切な時間   大切なコトバ

1

|

« 宿り木 ヤドリギ | トップページ | PCの向こうのあなたへ »

コメント

kumahachiおじちゃん!
雪兎ちゃんが「このヒトは 美しくより 思い出す」って言ってたよ♪
kumahachiおじちゃんに 本宅で「おかえり」を言いたいのに いつも姿を現すのは別宅なんだね
早く本宅にも帰ってね

投稿: うさちん | 2006年12月21日 (木) 15時04分

☆うさちんへ☆

うさちん、「本宅」とか「別宅」とか、うさぎさんに習ったのかな?
おまけに「おじちゃん」と呼ばれてしまったら、まるで浮気しているおじさんみたいに聞こえてしまうんですけれども…w

もう帰ります。

待っててね☆

投稿: kumahachi | 2006年12月22日 (金) 03時45分

kumahachiおじちゃん!
「おじちゃん」と「おじさん」じゃ違うんだよ!
何が違うかと言うと イメージ☆
おじさんより おじちゃんの方がちょっと若くて 身近な存在って感じ
うさちんのイメージだけどね
「本宅」「別宅」はうさぎの所に時々来る“ゆきのガコちゃん”のブログがそうなの
HPは本宅って名前で ブログが別宅って名前なの
それで覚えたんだよ!!
ねぇkumahachiおじちゃん「浮気」って何?

投稿: うさちん | 2006年12月22日 (金) 09時29分

★うさちんへ★

知ってる! 大阪では「おっちゃん」って言うほうが丁寧なんだって~♪チエちゃんが言ってたよ
難しいねぇ?

kumahachiは『おじちゃん』にダウンしてるよ?
自分ではもっと若いつもりらしいんだけど…
『浮気』って何って聞いたらもっと悩んでたよ
いったいkumahachiは何してるんだろうね☆

投稿: 雪兎 | 2006年12月22日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177979/4621002

この記事へのトラックバック一覧です: た・だ・い・ま:

» 紙風船の種類にも色々ありまして [紙風船物語 郷愁を呼ぶ紙風船]
懐かしくも様々な紙風船を紹介します [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 17時17分

« 宿り木 ヤドリギ | トップページ | PCの向こうのあなたへ »