« 野分  セピア色の風 | トップページ | alone - ただひとりの 孤独 »

2006年11月 9日 (木)

vanishing point  消失点

わたしの周りの風景が
わたしの周りの街並みが
空の雲が
海の波が

水平線の一点に集中する

建物も 空も ヒトも ヒカリさえ その一点へ収束する

vanishing point

そこは わたしの視線が収束する点
そして わたし自身が尽きる点

消点 消尽点 消失点
様々にヒトは呼ぶけれど
尽きる場所は ただ一点

その一点へ収束するからこそ 風景は立体感を持ち
街並みはわたしに近づくほどに 色鮮やかに辺りを彩る
包む空気は遠ざかるほどに 淡いベールで景色を包む
そのコントラストが美しく わたしの世界を確実にする

わたし自身のvanishing point
わたし自身が尽きる点

わたしは遠くにあるその一点を 
常に見つめてそこを目指す
その一点があるからこそ わたしのututuは 緊張する
その緊張感が わたしのすべても 確実にする

vanishing pointを 持たない世界
vanishing pointを 持たないわたし

もしもそれがなかったら 世界は収束する場所を失い
すべてが不確かな 幻となる
わたしも不確かな幻の中で
到達する点を見失い 行き先もなく ただ 漂い さまようだろう

vanishing point
すべてが失われ 消える点

そこを恐れず 見据える貴方は
そこからすべてが 始まることを知る

すべてが失われ消える点は すべての始まりの点でもある

そこからはじまるすべてのものは 無限の彼方へと拡がりつづける

それはわたしすら 透りぬけ
それぞれのvanishing pointへと向かう

ヒトがそれぞれに持つ vanishing point
それは常に貴方の目前にある

それを見つめて生きること
それはイノチを緊張させて生きること

それを知らずに 生きること
それは 夢幻 に 生きること

6/20

|

« 野分  セピア色の風 | トップページ | alone - ただひとりの 孤独 »

コメント

雪兎とまだまだ言葉の数が足りないね
「許してあげて」と「無条件」がいっぱいだよ
kumahachiさん いっぱいブログアップしてね

投稿: うさちん | 2006年11月11日 (土) 02時08分

☆うさちんへ☆

やっと雪兎も少しずつコトバを覚えてきたようです。頑張りますから応援してやってくださいね☆

投稿: kumahachi | 2006年11月12日 (日) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177979/4127039

この記事へのトラックバック一覧です: vanishing point  消失点:

« 野分  セピア色の風 | トップページ | alone - ただひとりの 孤独 »