« chocolate brown | トップページ | 温め鳥 ぬくめどり »

2006年11月19日 (日)

男脳?女脳?

あなたのポイントは -15ポイントです。 (男脳度数:57.5%/女脳度数:42.5%)
ポイントは、-100~100ポイントで計算され、マイナスが大きいほど、男性脳で、それに対し、プラスが大きいほど、女性脳となります。
中性的男性脳 あなたは、標準的な男性脳の持ち主ですが、同時に女性的な面も、いくらか持ち合わせています。どちらかというと何かに挑戦するのが好きで、空間能力や論理的な考え方を使う分野で力を発揮できます。比較的に人との対話を重視し、仕事面ではチームの取りまとめをすることに適しています、努力次第で、女性的な考え方や感情なども得られます。

雪兎のお友達、ゆめちゃんの飼い主の麻友さんの所で見つけた
『男脳女脳診断』
をやってみました。結果は上記のとおりです。

・・・あっているのか、いないのか・・・

ご判断はこのブログを読んでいる皆様にお任せします。
さて
kumahachiは雄でしょうか・雌でしょうか?w

|

« chocolate brown | トップページ | 温め鳥 ぬくめどり »

コメント

パパのところから、ダッシュ!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノで
着ちゃいました♪
中性的男性脳なんですね!
麻友は中性的女性脳でした!
「空間能力や論理的な考え方を使う分野で力を発揮」ってなんか当たってる気がする麻友です♪
男性的だけど、女性のような柔軟性のある考えが出来るってところが、kumahachiさんらしいと思いました!
違う?違ったら、ごめんなさい♪

雪兎ちゃん、ナデナデすると「たなご?」ってよく言うようになりましたね(笑)
お気に入りになったかな?((^┰^))ゞ テヘヘ

投稿: 麻友 | 2006年11月19日 (日) 21時02分

お~、中世敵弾性能…じゃなくて、中性的男性脳w
最初のは、「ちゅうせいてきだんせいのう」の一発変換ですw
kumahachiさんは……
熊さんの部分が雌で、蜂さんの部分が雄なのかな?w(≧m≦)ププッ

投稿: ゆっきん | 2006年11月19日 (日) 22時05分

☆麻友さんへ☆

ダッシュ!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノで来て下さってありがとうございます♪麻友さんは女性脳ですよね~☆
いつもやさしい鉄腕保育士ですからw

わたしは理屈っぽい所があっているかな?少し麻友さんから女性的なところを教えてもらってもう少し柔軟性を身に着けたいです。
でも…努力次第ってどうすればいいんでしょう?
まずは女装?

投稿: kumahachi | 2006年11月20日 (月) 00時48分

☆ゆっきんさんへ☆

王子は全く半々でしたね~♪
中世敵弾性能…あ、やっぱりこうなるのかw
中性的男性脳って言うのも良くわかりませんが…
わたしはシマウマとパンダで悩みましたが王子はどちらが好き?
雪兎は「たなご」が好きですw

投稿: kumahachi | 2006年11月20日 (月) 00時58分

うさぎは-5ポイントで 男脳度数52.5% 女脳度数47.5%でした
以前「地図の読めない女 話を聞かない男」の本の中にもちょっとした診断があって やっぱり男寄りだったうさぎです

投稿: うさぎ | 2006年11月20日 (月) 09時51分

コメントありがとうございます。
脳診断面白かったです。
結構当たっててびっくりしました(^^;)

投稿: ムラノ | 2006年11月20日 (月) 22時41分

☆うさぎさんへ☆

うさぎさんのほうが王子より男性寄りなんですね
コトバを読んでいると、とっても女性らしく思うのですが…
まだまだわたしの知らないうさぎさんが隠れているのでしょうか♪

投稿: kumahachi | 2006年11月21日 (火) 02時37分

☆ムラノさんへ☆

ご訪問とコメントありがとうございます。
この診断は周りでは『当たってる』と評判がいいみたいです。
ムラノさんの診断結果はどうだったのでしょうw
よかったらまた、覗いてくださいね☆

投稿: kumahachi | 2006年11月21日 (火) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177979/4243278

この記事へのトラックバック一覧です: 男脳?女脳?:

» 其の一 水浴び 上 [ドラゴンボール小説〜庄吉ブログ〜]
すさまじい衝撃音が無人の砂漠に鳴り響いた。砂漠の砂がクッションがわりとなったが、周囲の砂中の小動物たちは、何事かと、あわてて砂の中から這い出してきた。 砂漠の真っ只中に、大きなクレーターが一つ。その中心に直径5メートルほどのカプセルが、妙に落ち着き払った感じで転がっていた。  そのカプセルのハッチのような部分のすきまから、少量の水が流れ出した。そして、ボンっと、蒸気が噴き出したような音と同時に、カプセルの扉が開いた。中からは、身長190センチはあろうか、長い黒髪を束ねることなく無造作に背... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 09時02分

« chocolate brown | トップページ | 温め鳥 ぬくめどり »